第5回講演会


開催: 2006年6月3日 15:00~19:00
講師: 赤井 喜久枝

 

 ご本人はご自分を年配者とお考えのようだが、ぱっと見も若く、やっていることも若い。
今回の旅行記は、優雅さあり、スリルありで、日本女性ここにあり、エイエイオーという感じであった。

マルタ島の海岸沿いの宿泊先で2ヶ月も中世の城砦の市街をながめながら、まるで仮想の空間にスリップしたかのように過ごした。
第一次世界大戦中、日本の軍艦がマルタ付近で沈み、その英霊碑がマルタにあり、そこを訪ねた。何でも子孫の方が慰霊祭を欠かさずおこなっているとのこと。
ちなみにマルタには英語学校がシーズンには300もあり、スロベニアやロシアから英語を習いにくるのだそうだ。
ECの拡大があるのだろう。まさに歴史を行ったりきたり。
 トルコのイラク寄りの地方をバスで走行中したときには、トルコの兵隊による検問に何回もあい、 しまいに二人の兵隊に護衛?されながら旅行した模様である。

 たくさんの美しい写真をみせていただいた。 トルコはこれで4回目。また出かける予定とのこと。


講演会レジメ

マルタの英霊碑  地中海に朝日が昇る  講師を囲んで