マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

第63回講演会 「脳の気配り」


開催: 2011年10月15日 15:00~18:00
講師: 藤沢市市民活動推進センター

 

第63回講演会 「脳の気配り」は、2011年10月15日に、占部浩一 (ヴェリタス基礎科学研究所)*講師によりevent_78_01
行われた。

 

脳は我々の中にありながら、思い込みや脳の特性などに従って、事実そのものではなく事実を変形して提供するので、いろいろな錯覚を生じさせることがあり、最も理解することが困難な複雑な代物であることが説明された。

 

脳は、往々にして主人であるはずの我々を騙すことがあるので注意が必要だ。たとえば、もうすぐゴールだと思うと集中力が途切れ、最高の運動能力が発揮できなくなる。「もうすぐ終わりだ」「勝った!」もダメ。北京オリンピックの100m平泳ぎ決勝の北島選手は、「電光掲示板を見るまでがレースだ」と訓練された。その結果、世界新でゴールしてから喜ぶまでに時間がかかった。200mでは始めから勝ったと思っていたので、金はとれたが世界新は出せなかった。

 

野球で剛速球が打てるのも理解しがたい。というのは、ピッチャーの投げたボールがバッターに届くまでは0.5秒、ものや字を見て判断する時間も0.5秒。大脳の視覚野を経由していては間に合わない。古い中脳の視覚領域の上丘で判断するが、これは意識に上らず、打者は「何も考えていない。無意識だ」ということになる。

 

9.11のとき、世界貿易センターの88階にいたKBW の社員はほとんどオフィスを離れて逃げて助かったが、89階にいた社員のほとんどは自分のデスクにとどまり死亡した。

問題は同じフロアの全員が同じ結論に達したということで、追い詰められたときに人は決断を集団に委ねる。無意識に周囲の人たちとの合意を求めて行動が遅れる。これが隠れた脳の働きである。この問題は、「隠れた脳の働き」に左右されない「リーダーの存在」がいかに重要かを雄弁に語っている。

 

要は、脳は特定の限られた学者の研究テーマではなく、人間が日常生活を送る上で誰しもよく理解し、上手につき合うことが求められる身近な存在であることが、今回の講演で明らかになったことは大きな収穫である。

 

 

    講演会レジメ

 

 

event_78_02 event_78_03  
     
 
 

 

 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...