マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

第100回講演会

 

これからの教育政策を考える

 

 


開催: 2014年12月20日 10:00~15:00
講師: 中川 倖成

 

 

event 113-1

各種統計などの調査データに基づいて理論構築した素晴らしい内容で、とても大学3年生の発表とは思えぬ質の高い講演であった。

 

この教育政策の目指すところは、豊かで質の高い教養をバックに、世情に惑わされること無く独立自尊とフロンティア精神で、世界をリードする高度の専門力を身につける人材を輩出することにある。 このような教育政策を考えるに当たり、現存する制度の表面的な手直しに終始することなく、戦前の教育、即ち旧制の帝国大学、高等学校、専門学校の制度まで立ち返り、その特質を吟味して生かすべきものは生かすなど、根底から教育政策を論じている。

 

戦後70年、我が国は荒廃から立ち上がり経済的に高度成長してきたとは言え、成熟期を迎えた今日、随所に精神的、物質的な綻びが散見されるようになってきた。このような時期に、若い大学3年生が、戦後の混乱期に占領軍の指導の下に急遽制定された教育政策について、我が国が営々と築き上げてきた伝統文化の源流まで大胆に立ち戻り、いかにして世界に雄飛できる人材を育成するか、その教育政策のあり方を考えることは、誠に意義深いものと考える。

 

一端を紹介すると、戦後から子供は知能的にも体力的にも成長が2歳ほど早まっているので、入学年齢もそれに合わせて早める。そして、現行の6・3・3・4制は抜本的に改め、高等教育機関の全学部・学科のカリキュラムや、校舎の建設場所並びにその構造(他の公共施設との互換性を持たせる)まで、縦横無尽なグランド・デザインが行われている。

 

今回の発表は、慶應義塾大学内のサークル「政策科学研究会」とNPO法人「マイスターネット」の共催による限定した発表であり、未だ学内での正式発表は行われていない。このため、残念ながら目下のところ内容は公表できない状況にある。しかし、いずれ公式に発表される時期が訪れることを心待ちにするものである。

 

 

 

 

 

event 115 2 event 115 3
event 115 4 event 115 5

 

 
 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...