マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

第105回講演会(探求の会合同講演会)

 

食文化と〝食„関連産業の変遷に思う

 

 


開催: 2015年5月16日 14:00~17:00
講師: 片岡寛 一橋大学名誉教授

 

 

event 120-1

今回は「探求の会」との初めての合同講演会ということで、探求の会が選ばれたとびきりの講師とその運営に大いに感謝する会合であった。

 

講師の片岡先生は化学科を卒業後、一橋大学の商品学を担当されただけあって、話の幅が非常に広く面白い内容だった。 脱線あり、アドリブあり、それでいて非常に示唆に富んだ講演の内容を以下に示す。

 

  • 消費生活における欲求段階の変化
    マズローの欲求5段階説に沿うと、日本の戦後復興、高度成長期は第1、第2段階に相当する。第3段階の社会的欲求は「人並み」を目指して洗濯機・冷蔵庫・テレビといった三種の神器の購入に走った。そして第4段階では、ブランド志向で他との違いを追い、現在は第5段階の独自の生活欲求を実現しようとしている。

  • 消費生活の基本フレーム
    こういう消費生活の発展段階の基本原理を考えると、料理といった家事労働に従事する時間を加工食品や出前サービス等の購入で代替えし、自己の趣味としての料理時間の増加で自己充実を図る方向に向かう。

  • 家庭内生産の崩壊と市場依存の生活
    これを「食」における家庭と産業という対比で見ると、従来は自分で弁当を作って出勤していた「内食」から、福利厚生を目指す企業の社員食堂等の「外食」時代に移り、今は企業の経費節減で、社員が外で弁当を買って内で食べる「中食」の時代になり、食品産業は今この中食にしのぎを削っている。

  • 消費の変化に影響する要素
    このような食品産業の進化は、国民の生活レベルの向上に基づく「Needs:需要」に追随することで行われてきた。しかしこれからの人の欲求は掴みどころのはっきりしない抽象的な「Wants:欲求」の時代に入り、今後の食品産業が何処へ進むかは見通せない時代になっている。 例えば、日本のサービス満載の携帯電話が突如iPhoneに席巻されるような時代である。

  • 「和食文化」の普及
    「和食」が世界無形文化遺産に登録された。そもそも日本には「食」を「文化」と思っていない節があったが、今では日本の食のスタイルが世界の注目を浴びている。糸をひかない納豆とか、こぶ高菜とかがヨーロッパで受け入れられている。日本の特殊味を押さえて「和」の特長を引き出す「標準化」のプロセスを経て、和食を文化として世界に普及させることが重要である。

 

  講演会レジメ

 

 

 

 

 

event 120 2 event 120 3
event 120 4 event 120 5

 

 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...