マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 

第154回講演会

 

ちょっと気になること

 

  • 日時 2019年6月15日(土) 14:00~17:00
  • 講師 占部 浩一

 

今回の講演では、8つの項目に付き、考え方、理解の仕方について語られた。  どの項目も思考の訓練として興味深いものであった。

  • 意味のある文章――矛盾という言葉に注意が必要。つじつまの合わない話になる場合に使うべきで、使用できるのは、議論の場に限られる。現実の問題の事象の記述に矛盾していると言えない。起きた事には理由がある。
  • 鏡に映る像 ―― 鏡に映る像が左右逆か上下逆か、それ以外か、というのは実物と比較するときの視点による。鏡面の位置に視点を置き、実物方向と鏡面内部方向との奥行き方向を一致させたとして比較すると、見え方は像の移動(回転)のさせ方による。左右が逆であると表現できるように像を回転させることができるので、鏡に映ると左右が逆になると言っていい。
  • 虚数はあるのか ―― 2乗して負数になるものと定義して別に不都合も生じないからあるといってよい。虚数を取り込んだ複素数を使うと便利なので使ってよいが、虚数がないと数学や物理が成り立たないわけでもない。もっと自由度を持たせた数をつくることもできる。ハミルトンの四元数というa+bi+cj+dk の形の数もある。
  • 無限はあるのか――自然数はどこまで数えてもこれで最後という限界は無い、という意味で無限である。限りなく数え続けられる可能無限。ギリシャ時代から存在が認められた。19世紀終わりに実無限の概念が導入された。可能無限より個数(濃度)の多い無限である。
  • 飛ぶ矢――ゼノンのパラドックス、飛んでいる矢は止まっている。飛んでいる矢もある瞬間を取れば止まっている。時間は瞬間の集まりなので矢は止まっている状態の連続だ、という話。動いているという為にはある時間が経過し、その間に位置が変化したことの確認が必要。瞬間の状態だけでは動いているのか静止しているのか判断ができない。
  • 地平線近くの月の大きさ――月は天頂近くにある時は地平線近くにある時に比べて小さく見える。アリストテレス以来の疑問。多くの説有。屈折説、瞳孔散大説、水晶体扁平説…。視角が同じでも近くにあるものより遠くにあるものが大きく感じられるという説が有力。
  • どこから禿といえるか――徐々に変化する現象を捉えて、あるところに境界を作ろうとすると恣意的なことになる。曖昧な過渡領域を作っておくのが良い。ハゲと断言せず、ハゲっぽいとか髪が薄いとかと表現する。
  • ジレンマ(誰を殺すのがいいのか)―― 人を殺すことについての思考実験にトロリー問題が有名。 ブレーキの利かない路面電車が走ってきて、線路上に縛られた5人がいて、分岐線にも1人横たわっている。転轍機を切り替えて、5人を救えるが、分岐線の方の1人は救えない。切り替えは正しいのか。わが身と考えて自分は出来るか。

 

レジメ

 

 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...