マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 

第155回講演会

 

ブレグジット(BREXIT)の行方 -混迷のイギリスー

 

  • 日時 2019年7月20日(土) 12:00~14:00
  • 講師 永田 典子

 

シェイクスピアに熱中していた講師が今度はイギリスの政治に挑戦し、力作の講演を行った。
学校の世界史では、中世や近世と、同時代的に西洋の国々を横の比較で学ぶが、今回はイギリスに絞って、そこでの議会制民主主義の発展という視点で縦方向に歴史を概観したのは非常に勉強になった。

<概要>

  • イギリスの歴史は戦争に次ぐ戦争で、同じ島国の日本とは全く違う。 紀元前のビーカー人に始まり、ケルト人、ローマ帝国、ゲルマン(アングロ人、サクソン人、ジュート人)、デーン人、ノルマン人他が攻め入り王権をめぐって攻防。
  • イギリスの議会制度は、王位継承の調整、王の戦費調達のための重税反対、キリスト教宗派対立の調整の場として発展してきた。 1215年のマグナカルタに始まり、権利請願(1628)、権利章典(1689)、王位継承法(1701)を経て、1911年の議会法で議会制度が確立した長い歴史を持っている。
  • 今回のEU離脱的な考え方は以前からあり、全般的にEUの制度に対する信頼性が低く、1993年マーストリヒト条約以降ヨーロッパ懐疑派が広まった。
  • 2016年のEU離脱の国民投票では、45才を境にして若年者は残留、高齢者は離脱とはっきり色分けされて対立している。

<議論>

  • 今回はアイルランドとの国境線での関税の管理方法での対立が争点になっているが、EU内のフランスと非EUのスイスの間の国境の往来はあり、なぜ妥協できないのか不思議
  • イギリスでの歴史的対立というのは対岸の火事ではなく、日本でも沖縄の基地問題の認識差や韓国との民族間の認識差があり、他人ごとではない。

 

レジメ

 

 

 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...