マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 

第156回講演会

 

何を嘆き、何に憤るか

 

  • 日時 2019年8月17日(土) 10:00~13:00
  • 講師 山本 利昭

 

今回の発表は、「幸せを測る」の著者が、幸せの対極にある世間を騒がせた凶悪事件を基に今日の社会が抱える問題提起を行い、大いに議論が盛り上がった。

<概要>

  • 運動会で小学生が騒ぐことに対し、元気が良いと捉えるかそれともうるさいと捉えるかであるが、ストレス社会の今日では音やちょっとした変化に対する受容性が低下し、些細なことにも大げさに反応する人々が増えてきたようだ。
  • 戦後は貧しくて何とか食っていかねばならず皆生きるのに一生懸命だったが、経済的に豊かになると個人の欲望が増大して社会問題に発展。欧米では銃乱射等の深刻な問題が起こっている。
  • 物が溢れる現状を「豊」と考えるか、それとも「貧困」と捉えるべきか。物と心の両面から捉える必要がある。戦後、東欧の人々は隣人を信用できないが、金を心配しなくても食っていける社会主義の生活を送っていた。ところが民主主義になると、隣人や社会を信用できるようになったが、逆に金の事を心配しなくてはならなくなった。 社会の仕組みが変わると、意識の変化も起きる。
  • 引きこもりは、親が子離れできないことが原因で、甘い親にも責任の一端がある。無職で稼ぎがないということで子供に生活費を与えてしまう。若い時は子供を突き放す位の態度が必要。
  • 「毎日5時間勉強して大学に行くべき」とかのベキ論躾が横行し、子供が委縮して、いじめとか引きこもりに繋がっている。人間の多様性を認めやる気を出させる指導が必要。
  • 渋沢栄一は、次元の異なる「論語と算盤」の両方が必要であると言っている。現在は、算盤(金儲け)が主になり、論語(人としての生き方の教育)が欠如しているのではないか。 人間としての生き方、これが家庭でも学校でも社会でも十分に教育されていない。

 

レジメ

 

 

 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...