マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 

第165回講演会

 

脳の働きと認知症 
  • 日時 2020年7月18日(土)
  • 講師 井上 弐喜

 

 マイスターネット会員の中では最高齢でありながら、常に脳神経学の最新情報をフォローして、脳に関する病気の因果関係を平易に解説。高齢化が進む現代日本に於ける認知症の大変さに警鐘を鳴らす気迫の講演であった。

  • 脳の構造と自律神経、さらには最新のニューロンと呼ばれる脳細胞の構造などを高校生レベルの平易な図で説明
  • さらによく知られている脳に関する病気として、脳卒中、くも膜下出血、脳腫瘍、小児に多い脳性麻痺、脳水腫等を紹介
  • そして最近明らかになってきた脳神経に起因する病気として下記を紹介
       
    • 認知症:脳細胞が破壊される病気の総称で、下記のアルツハイマー病以外にも、脳血管が詰まって起こる認知症や、手足の震えやこわばりが起こるパーキンソン病などがある。
    • アルツハイマー症:脳の老化により萎縮する病気で、失語・記憶力減退・痴呆・失禁などの症状を示す。
    • ALS(筋肉委縮性側索硬化症):タンパク質がゴミ状になって運動ニューロンを破壊して、筋肉が動かなくなる病気。
      初期症状のつまずき、ぎこちない動作、発音不明瞭から、最後は寝た切りになる。
    • SMA(脊髄性筋委縮症):脊髄の神経細胞の萎縮による起こるもので、支えなしには座れない病気
    •  
  • こういった現在の難病を予防するためには、講師が日々実践している下記のような生活が必要そうだ。
       
    • 脳をいつも使い、体も動かす
    • 社会とのつながりを持つ
    • 外に出て新しいことに挑戦したり、リラックスする
    • 有意義で目的意識を持って、活動に参加する
    •  

 

レジメ

 

 

 

 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...