マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 

 第25回講演会


開催: 2008年5月17日 15:00~18:00
講師: 赤井 喜久枝



ベトナムというと、1959年―1975年の長期にわたり大国アメリカと戦い続け、勝利したものの暗くて苦いベトナム戦争が連想される。
ところが、今回の紀行マイスターによるホーチミンの実像は、一口に言えば暗い先入観を吹き飛ばす、強く発展する明るいホーチミンの姿であった。

世界はグローバルに変化を遂げている、時間の移ろいはかくも劇的なものかと、わが目を疑う思いにさせられた。フランスの植民地以前は、中国の長い支配を受けるなど、異民族支配の悲哀を骨の髄まで味わってきたことが、あれほどの粘り強い抗争心を生み出したことにうかがわれる。
聖母マリア教会や市民劇場、ホーチミン人民委員会庁舎、統一会堂、マジェスティックホテル、中央郵便局、などを見ると、いずれもヨーロッパ風の立派な建物で、これがアジアとはにわかには信じられない光景であった。町にはホンダのオートバイが溢れている。2人に1台の割合の所有で、1年分の給料に相当するそうで、ホンダのドリームが人気とか。それを乗りこなす女性たちの服装は、カラフルでなかなか格好よい。フランス文化の影響か。

一方で、エイズ患者は人口8,425万人中26万人もいるとか(2005年の統計。因みに日本は13,500人)。政治は社会主義国体制で、汚職が横行し庶民の生活を苦しめる。戦争は終わっても、枯葉剤による被害や、国民の心の痛みは容易に消えることはないであろう。これらは、大きな社会問題。
救いは、イギリス・レスター大学の調査によると、国民の幸福度は、ベトナムは178カ国中アジアでトップの12位と高い(日本は95位)。

やはり、百聞は一見に如かず、明るく発展する姿には圧倒されました。有意義な発表、有難う御座いました。おかげで、ベトナムのイメージが180度変わりました。

 


講演会レジメ

    スライド
    レジメ

色々調べた本を横に熱弁の講師  講師手作りのベトナム春巻きでほっと一息 参加者全員でパチリ

 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...