マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 

第31回講演会


開催: 2008年12月13日 15:00~18:00
講師: 山本 利昭


12月13日土曜にアイコア社会議室にて、講演と忘年会が行われた。

<講演会>
アイコア社のインドネシア技術者7名が、この1~2年に学んできた日本語教育法が紹介された。
IT会社の社長だけあり、ITを駆使した日本語指導法はなかなかユニークで、よく考えられているが、受講生にとっては厳しいものになるかもしれない。

漢字、ひらがな、カタカナを駆使しなければ日本語は使えないので、彼らにとってはとても高いハードルのようだ。特に、日本語の「助詞」の使い方は、相当難しいらしい。
我々日本人は、あまり意識することなくこの難解な日本語を習得したことに、改めて気づかされた。知らず知らずのうちにとんでもないことをしてきたものだと、今更ながら感慨も一入だった。
彼らが書いた業務報告書が紹介されたが、1~2年で書けるまでに上達したそのスピードには敬服する。我々の英語も、アイコア流に指導されていたら、きっと素晴らしく成長していたに違いない、と悔やまれる。

<忘年会>
報告会の後、インドネシア技術者との忘年会が、和やかに行われた。
彼らはプラスチックの折り箱を沢山抱えてきた。見事にいろいろな料理が詰まっているので、買ってきたものと思ったら、彼らが手分けして作ったものだという。
我々のためにスパイスを弱めにしたというだけあり、大変美味しくいただいた。
因みに、肉はすべてお祈りしてからトサツされたとのこと。酒は一切飲まないし、イスラム教徒の信仰の厳しさを見せられた。

彼らが日本語でブログを書いたら、マイスターネットの会員が添削するという提案がされた。また、マイスターネットの会員の一人は、来年1月中旬から2ヶ月間、NGOの世界的中心地と言われる英国で研修を受けることになった。いずれ現地からの、生の報告があるものと期待される。

 

    講演会レジメ

スライドとE-Learningソフトの紹介 インドネシア技術者手作り料理、おいしかった 日本語を自由に話せるようになりました

 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...