マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 

 第43回講演会


開催: 2010年2月13日 16:00~18:00
講師: 岡島 さやか

フィンランドは、経済協力開発機構(OECD)の国際的な学習到達度調査(PISA)でトップの成績をあげる注目すべき国である。
そのフィンランドの小学校に2008年から2009年にかけて一年間、日本の一大学生が飛び込む。半年間ずつホームステイと一人暮らしをしながら南北合わせて14の小学校を回り、時には先生役で日本に関する話や折り紙をしたり、時には補助教員として授業を手伝ったり、時には児童として一緒に授業を受けたりしながら現地小学校につかる。
今回は、その生の報告であった。

大きな特徴を列挙する。

  • 学校やその規則と子供の関係は、日本では学校やその規則を中心において、いかに子供をそれに順応させるかが問われるが、フィンランドでは全く逆だ。子供を中心において、いかに学校やその規則を順応させるかが求められる。
  • 小学校入学は、多くは7才であるが、子供の成長に合わせて6才で入学する子供も8才で入学する子供もいる。親と保育所との話し合いで決められる。
  • 入学した後の成長によっては、小学校低学年でも留年することは珍しくない。日本では留年すると親も子も肩身の狭い思いをする。その話をフィンランドですると、「子供の成長に合わせた進級、留年が本人にとってベストの選択ではないか。何故、日本ではそう考えないのか?」と不思議がられる。
  • 教科書は使っても良いし、使わなくても良い、複数使っても良い。学校、教師に選択が任されている。
  • 1クラスは、10-25人程度かそれ以下。補助教員や心理カウンセラーもつく。遅れた子供には補修や取りだし授業が行われる。
  • 教師は人気のある職業で、優秀な人材が集まると言われるが、給料は決して高くないので副業しなければ生活出来ないケースも。それでも、国際的に役立つ子供達を育てたいという、志望動機で教師になることが多いようだ。
  • 要は、価値観が日本と180度違うのだ。フィンランドが教育に力を入れるのは、国の将来を築くのは人材である、という確固たる理念に基づく投資であることが感じとられた。
  • このような教育システムの効果は上がりつつあり、ITなどのサービス産業が大いに発達してきたし、家具などの工芸品も国際的な評価を得ている。


講演会レジメ

    スライド

 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...