マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 武藤豊太郎の家は、三代前の長左衛門が御鳥見に就いた文化7年(1810年)から幕府終焉の慶応3年(1867年)の57年間、四代で渡って同じ職業を継承してきた。

 御鳥見とは、御鷹匠の飼育する鷹の餌として提供する雀、うずら等を確保するための御鷹部屋の管理および警護、江戸周辺にある6ヵ所の鷹場の管理であるが、諸田玲子著「お鳥見女房」シリーズ(新潮社刊 現5巻)でも明らかのように、隠密としての仕事もあわせもっていた。小鳥の捕獲、鷹場の管理、巡回などの経験で、原野・山・川地形の把握、それの図面化等に長けていたからであり、近代戦の斥候ともいえる。

 御鷹匠と御鳥見は、将軍が行う鷹狩りの行事(ある意味で言えば、軍事訓練である)実行グループではあるが、主従関係はなく独立した集団である。

 御鷹匠は、鷹を飼育し、訓練して鶴・雁・鴨等を捕獲し、将軍等に献上することを職としていた。若年寄支配で、御鷹匠頭は布衣、千石高御役扶持20人扶持で立派な旗本(別称 将軍に会える御目見え)である。同組頭は250俵高で旗本、組衆は100表3人扶持でおおむね旗本である。

 御鳥見は、組頭で200表高 御役金25両 御役扶持5人扶持で旗本である。

組衆は、80表高 御役金18両 5人扶持で御目見えではなく、御家人とよばれた。

 豊太郎の曽祖父長左衛門は、文化6年(1809年)まで御徒目付に就いていたが、翌年御鳥見に役替えになった。御徒目付は、目付(役高1000石)監察とも呼ばれ、幕府の行政遂行に係わるあらゆる行為に立会い、異議があれば老中を経て、将軍に意見具申ができる高級官僚に属し、武家・寺社を監察している役の補佐をし、またわ独自の案件の調査をする役で、役高100俵5人扶持の御家人であり、同じ隠密に近い役といえる。

 なぜ長左衛門が役替えしたのかは伺え知れぬが、御鳥見は跡継ぎが14・5才になると御鳥見見習として出仕し(武鑑に独立した項目できさいされている)10人扶持・野扶持5人扶持・御役金18両を支給され、親子合わせれば2倍近くの年収になる。御鷹匠衆や御勘定衆のなかにも本役の項に見習いが出てくるが、役料等は明記されていない。

 さて、豊太郎の住まいであるが、江戸切絵図では、本所絵図にあり、長左衛門から本所北割り下水と書かれており、5734石取りの大身旗本徳山五兵衛の屋敷まえである。100年近く4代同じ住まい、同じ仕事を続けきた家がある。これが封建制、武士の世界である。

 ちなみに、長左衛門から豊太郎に至る4代の略歴を武鑑に記載さを記し、この章をとじる。

 

武藤長佐衛門   文化1年     御徒目付     本所石原     (1804年)  
文化7年 御取見 (1811年)
武藤与助 御鳥見 住所なし
文化11年 御鳥見 本所石原 (1815年)
この年長左衛門の名なし。隠居か。
武藤兵蔵 天保4年 御鳥見 本所北割下水 (1833年)
この年与助の名なし。隠居か。
武藤兵蔵 天保12年 御鳥見 志村御役宅 (1841年)
武藤豊太郎 御鳥見見習 父兵蔵の記載あり
武藤豊太郎 弘化4年 御鳥見 本所石原 (1847年)
この年兵蔵の名なし。隠居か。
武藤豊太郎 元治2年 御鳥見 かめ有村御役宅 (1864年)
武藤鎗太郎 御鳥見見習 東大森村役宅

 

 

 

 

News Letter

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

講演会 「創造的な生き方の発見」

本NPO理事長の橋本氏が、7月29日に京橋会館で開かれた講演会で、「創造的な生き方の発見」という講演を行った。

「人間は本来80歳~90歳まで創造的な仕事をできるが、日本では制度がそれを阻んでいる。皆、それぞれテーマを見つけて頑張ろう」という主旨の講演でした。

講演内容はこちらです。news_4_1

マイスターネット5周年記念集を発行

マイスターネット設立から昨年末で5年を経過したのを記念して、その間の活動をまとめた「マイスターネット5年間の歩み」というパンフレットが5月に作成された。

 講演やワークショップなど60回を越す活動が題目と簡単な内容で紹介され、何枚かの写真で、雰囲気もうかがうことができる。

  

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...