アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

(フェルディカさんの激励メッセージ)

----------------------------------------------------

日本の皆さんへ

Bencana gempa bumi dan tsunami tiba-tiba melanda Jepang.

Kami disini juga turut prihatin dan berduka cita atas banyaknya korban jiwa.

Sebagaimana bencana alam tsunami yang terjadi di Aceh, Kami juga mengerti penderitaan yang dialami warga Jepang.

Kami disini mungkin tidak dapat memberikan bantuan material yang cukup tapi kami akan selalu berdoa semoga bencana ini dapat berakhir dan bagi semua anggota korban diberi ketabahan dan kesabaran.

Oleh karena itu, jangan bersedih dan berkecil hati.

Kami akan selalu mendukung dan mendoakanmu 頑張れえええええ 日本 !

Mungkin ini saja dari saya, semoga dapat memberikan semangat guna menghadapi musibah ini.

赤井先生いつも元気で 気をつけて

フェルディカ

 ----------------------------------------------------

 

(日本語訳)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の皆さんへ

地震と津波による災害が突然日本を襲いました。

此処にいる我々も共に多くの被害者、犠牲者に対し心を痛め悲しみに沈む思いです。

 アチェで発生した津波の自然災害のように、我々もまた日本国民が体験した被害・苦難が理解できます。 此処にいる我々は多分十分な援助をすることは出来ないでしょう。

しかし、我々は地震が収束し、すべての被災者にそれに耐える精神が与えられるように祈っています。

そのためにどうか悲しみや絶望の無いようにしてください。
我々は「頑張れえええええ、日本!」とずっと応援し、あなたたちのために祈ります」。 この災難に立ち向かう元気・勇気を与えられるように祈ることが、多分私にできることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・