マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

第3回講演会


開催: 2006年3月25日 16:00~19:00
講師: 熊崎 幸太郎

 3月25日に藤沢市民活動推進センターにて、マイスター熊﨑幸太郎による講義と実演が非常にat homeな雰囲気のもとで行われた。

鍼灸は、WHOが承認した適応疾患リストに掲げられた治療法として、国際的にも公認された治療法であり、フランス、ドイツでも盛んで、米国では大学院コースまであるとのことである。
科学的には、弱い刺激は生理作用を起こし、中程度の刺激は促進、強刺激は停止させるというアントレの法則に則って治療するのが良いそうである。からだを柔らかくするとこころが放たれ、自然治癒力が高まるのである。

しかし何と言っても講演のハイライトは、講師による鍼灸の実演であった。

パソコン操作で肩こりに悩む参加者と腰椎の持病を持つ参加者に、お灸と鍼治療の実現が行われた。
肩にお灸をすえると、お灸の廻りがほんのり赤くなり効果覿面で、参加者も興味津々であった。
また腰椎治療では、お灸治療に加えて鍼治療も行い、熱のこもった実演に参加も大いに満足していた。

腰椎治療を鍼灸でお願いした参加者の感想:
腰痛の違和感はすっかり消えたばかりでなく、頭、背中、肩の凝りが消えて体が軽くなった。頭まで効くのは、膀胱系で腰と頭はつながっている、という説明だった。

今回の講義&実演で、参加者の鍼灸の関心は高まり、自分たちだけでは勿体ない、もっと多くの人達に参加して欲しかった、という声が聞かれた。

お灸の廻りがほんのり赤く  お灸も簡単  鍼は注射針より細い  講師の熱のこもった実演風景  講演会の後、講師を囲んで

 

News Letter

2021年の講演会テーマ

  • 今年、私たちのマイスターネットは創立15周年を迎えました。
     
  • 今までの講演では、各人の専門知識・技能を生かした発表をすることにより、社会への貢献を目指してきました。
  • そして今年、コロナウィルスが流行しても、1回の休会だけで、講演活動を続けてきました。
  • しかし、今回のコロナウィルス流行が、私たちの生活や社会に大きな影響・変化を起こそうとしているのではないかと感じるようになりました。
     
  • そこで、来年1月からは、「新型コロナを考える」をテーマにして、新型コロナが与えた影響、社会がどう変わったか、そして私たちはどのように対応していくべきかを考える講演会にして行こうと考えています。
  • 私たちの知識・経験を生かして、一歩進んで、新型コロナへの対応を機に、その解決を図り、よりよい社会を築く方策を考えていく講演会にして行きたいと考えています。
  • 皆様の今まで以上のご支援をよろしくお願いします。
     

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...