第121回講演会

 

マイスターネットのこれからを考える

討論会(ディスカッション)

 


開催: 2016年9月17日 10:00~13:00
講師: 清水 良

 

 

event 136-1

マイスターネットの今後の発展ため、都内でwebデザイナーとして活躍中の清水良さんを招いて色々アドバイスを頂いた。

  1. 現代は情報過多であるため、情報発信は間口を広げるのではなく、ニッチを狙う方が良い。例えば、
    • 青年会議所とか商工会議所青年部に直接講習を働きかける。
    • 関心を持ちそうなジャンルのホームページを探し、「お問い合わせ」からメールアドレスを入手し、DMを発信する。
    • 関心を持ちそうな団体に、共同で講演会を実施しないか、と持ちかける。
  2. 情報を欲しがっているメディア のサイトがあるので、情報提供すると掲載してくれ、そこから一般人にPRできる。たとえば、
    • 「じゃらん」は観光情報を欲しがっているので、花火等のイベント情報を提供すると、喜んで掲載してくれる。
    • 花火愛好家 のブログも花火情報を掲載してくれる。却って、冬の花火は注目される。
    • 花火に関心ありそうなジャンル1000サイトからメアドを入手して、メールを送ったら、100通から反応があったので、そこにはさらに細かい情報を提供している。
    • 有名なメルマガに投稿する方法もある。
  3. リーダーシップであれば、話題性のあるスポーツ選手や政治家を対象にしたリーダーシップ解説してWebで発信すると、関心を持ってくれる人々が集まる 。例えば
    • リオ・オリンピック陸上で、個人競技でメダルが取れなかったのに、4人のリレーで メダルを取れたのは、 どこにリーダーシップがあったのだろうか
    • 金メダル取った選手、サッカーの長谷部、田中角栄、小池都知事のリーダーシップも皆関心がある。
    • 地方創生がクローズアップされているが、具体化するには行政に関わる団体におけるリーダーシップが重要になる。
    • このリーダーシップついては、「12のリーダーシップ・ストーリー」の何ページを読め、と言う 導入の仕方もある。
  4. その他
    • これまで100回以上実施してきた講演は、カテゴリー分けしてホームページにupするとよい。
    • 世の中では、IT技術者が全体的に不足しているので、仕事はある。
    • 日本語を教育するソフトの需要はある。
    • 9.11の犠牲者の父親が、折角英文の調査報告書を英訳したが、その出版を引受ける出版社がいないのは残念なことである。出版する手立てはないだろうか。

詳細は、レジメを参照。

 

  講演会レジメ

 

 

 

 

event 136 2 event 136 3
event 136 4 event 136 5