マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

第123回講演会

 

ガールスカウト

 

 


開催: 2016年11月19日 10:00~13:00

 

 

ガールスカウトは、ボーイスカウトをつくった、英国人のロバート・ベーデン・ポウエル(B-P)が、私たちも活動したいという、少女たちのために妹のアグネスに託し、始まり後に妻、オレブにより世界中に広まった。

 

近年、日本ではその会員数は減っている憂慮すべき状況にある。一方、 他のアジア諸国では会員数は増えている。その理由の一つに、他のアジア諸国では、ガールスカウトは学校教育に取り入れている国があるようだ。

 

今の小学生が社会に出るときには、職業の65%は現在は存在しないと、言われている。 そのため、今から特定の職業のための準備をしても、社会に出るころには役立たなくなるので、どんな職業にも対応できるよう、人間として基本的に必要とされる、自ら学び、コミュニケーション力を磨き、他と協調して活動できる能力の育成を重視している。

 

途中でガールスカウトを辞めても、「1日スカウト、一生スカウト」と言って、辞めた後も仲間として互いに尊重し絆が維持される。

 

小池百合子東京都知事も、ガールスカウトで活動し育成されたとのこと。 現在の都知事の精力的な活動の原点には、ガールスカウトで培われた精神があるに違いない。

 

パーソナルケアブランド「Dove」は、ボディーシャンプーやシャンプを販売しているブランドだが、外見だけでなく内面の美しさの大切さについて伝えている。ガールガイド・ガールスカウト世界連盟とDoveの共同開発プログラムは、自己肯定感を向上することができる。

 

人は、他人から褒められる(肯定される)と嬉しくなり、活動的になり幸せになれるので、自己肯定は非常に重要なことである。  

 

その反面、子供に過度な期待を持つあまり、いつも子供を叱る親は日本に多いが、これは教育的に逆効果である。

健全な青少年の育成組織として、我々はもっとガールスカウトの活動に注目し、その活動が広がり会員が増えることを願わずにはおれない。

 

それには、アジア諸国に見習い、日本でも是非とも学校教育の中にガールスカウト、ボーイスカウトを組入れたら良い、という意見で参加者一同一致した。

 

 

 

 

 

event 138 2 event 138 3
event 138 4 event 138 5

 

 

News Letter

2021年の講演会テーマ

  • 今年、私たちのマイスターネットは創立15周年を迎えました。
     
  • 今までの講演では、各人の専門知識・技能を生かした発表をすることにより、社会への貢献を目指してきました。
  • そして今年、コロナウィルスが流行しても、1回の休会だけで、講演活動を続けてきました。
  • しかし、今回のコロナウィルス流行が、私たちの生活や社会に大きな影響・変化を起こそうとしているのではないかと感じるようになりました。
     
  • そこで、来年1月からは、「新型コロナを考える」をテーマにして、新型コロナが与えた影響、社会がどう変わったか、そして私たちはどのように対応していくべきかを考える講演会にして行こうと考えています。
  • 私たちの知識・経験を生かして、一歩進んで、新型コロナへの対応を機に、その解決を図り、よりよい社会を築く方策を考えていく講演会にして行きたいと考えています。
  • 皆様の今まで以上のご支援をよろしくお願いします。
     

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...