第127回講演会

 

明治 大正 昭和 洋装化の歩み

ーその社会風俗文化的背景ー 

 

  • 開催: 2017年3月18日(土) 14:00~17:00
  • 講師: 原 弘之輔

 

 

event_142_1多くの写真、図を参考に、和装から洋装への変化が社会の動向と関連付けて論じられた。服装は実用性、社会性、装飾性などの側面をもつ。形式としては、前開き、巻き型、貫頭型、筒型4種がある。

 

洋服が日本で本格的に着られるようになったのは戦後である。

 

明治には、巡査などの制服、鹿鳴館時代のもの、など洋服は一部にはあった。明治末期にミシンが輸入された。

大正ではモガ、モボによる洋装化があった。関東大震災後に簡単服、アッパッパなどができた。大正から昭和の初期に洋裁教室が流行した。

戦中は国民服、標準服、モンペなどがあった。

 

戦後は洋服へと潮流が変わった。

洋裁教室も増え、洋装雑誌もでき、ミシンが普及し昭和30年には普及率75%に達し、家庭で 自家用に作るのと内職としての洋裁とが盛んになった。昭和50年代からは既製服が普及した。

時代により、ロングスカート、ミニスカートなどファッションの流行があったが、やがて日本人デザイナーのパリコレなどでの活躍も見られるようになった。

 

講師は該博な知識を生かし、さまざまな興味深いトピックスを提示した。



 レジメ


event_141_2 event_141_3
event_141_4 event_141_5