マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 

第144回講演会

 

幸せの座標 総集編

 

  • 日時 2018年8月18日(土) 14:00~17:00
  • 講師 山本 利昭

 

 

 

 講師の山本氏は、この度「幸せを測る」と題する本を出版された。
アマゾン他で購入可能)

今回の講演に於いて、その本の出版に至るまでの経緯や経過などについて説明がなされた。

  1. 出版に至るまでの経緯。主として次の2点をもとに出版を考えた。
    • マイスターネット講演会で、2012年から今年度まで、「幸せの座標」、「AIロボット」など、7回に亘り講演を行った。
    • ブログでは、2015年から今年度まで「幸福」関連の記事を298件掲載した。

  2. 出版の経過
    • 編集結果
      ブログをダウンロードし、四六版に割り付けした688ページを、記事ベースで削除して、290ページに圧縮し、さらに内容の補強を行った。
    • 出版社の選定
      大手の出版社の小学館、新潮社、講談社を始め、自費出版大手の幻冬舎、文芸社も訪ねたが高額。 その他の出版社、例えば同人誌等を自社発行している出版社や大学の先生の講義本の出版社などにも当たる。最終的に記念誌主体の出版社である牧歌社に決定する。
    • 書名、カバーデザイン、校正
      書名やカバーデザインは人目を引くことが重要。カバーの色は黄色に決める。当て字・常用外などの校正。著作権の許可を得ることも必要である。
    • 宣伝方法
      新刊の件数は減少傾向にあるとは言え、毎日200冊、年7万冊も出ているので、書店での陳列は有名著者でないと難しい。ネット販売が普及していて、全体の売上額の10%以上を占めるので、ここに期待するしかない。

    • まとめ
      著書の中で講師が繰り返し述べているように、「幸せ」は、非常に個人的で主観的なものである。それを指標化する試みは、困難なことだが、著書の中で示された指標をヒントに、個個人が自分自身の指標を作ることが出来れば、主観的な「幸せ」を客観的に把握できるはずだ。 それを手掛かりに、より良い未来に向かっての方向性を見出すことが出来るのではないだろうか。

 

レジメ

 

 

News Letter

2021年の講演会テーマ

  • 今年、私たちのマイスターネットは創立15周年を迎えました。
     
  • 今までの講演では、各人の専門知識・技能を生かした発表をすることにより、社会への貢献を目指してきました。
  • そして今年、コロナウィルスが流行しても、1回の休会だけで、講演活動を続けてきました。
  • しかし、今回のコロナウィルス流行が、私たちの生活や社会に大きな影響・変化を起こそうとしているのではないかと感じるようになりました。
     
  • そこで、来年1月からは、「新型コロナを考える」をテーマにして、新型コロナが与えた影響、社会がどう変わったか、そして私たちはどのように対応していくべきかを考える講演会にして行こうと考えています。
  • 私たちの知識・経験を生かして、一歩進んで、新型コロナへの対応を機に、その解決を図り、よりよい社会を築く方策を考えていく講演会にして行きたいと考えています。
  • 皆様の今まで以上のご支援をよろしくお願いします。
     

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...