第180回講演会

 

日本人と病

 

ー 感染症を中心に ー
  • 日時 2021年10月16日(土) 14:00~17:00
  • 場所 藤沢市市民活動推進センター
  • 講師 永田 典子

 

 日本の感染症に関する歴史の本を4冊も購入して読破し纏めた圧巻の講演であった。高校の日本史でこういう課外授業があると、日本史の授業も暗記の仕方が変わり面白かっただろうにと思わされた。

  • 日本で最初の疫病(感染症)に関する記録は「日本書紀」にある崇仁天皇(300年頃)の記録が最初。
  • 天然痘:61回もの流行の記録が残っている(真実を残す歴史の重要性を再認識)。
  • 当初は天皇の失政によって異変や飢饉で疫病が蔓延するとも思われていたが、実際には海外との交流の増加によって流行が拡大した面もある。1980年にWHOが撲滅成功の宣言をした唯一の伝染病。
  • 麻疹(はしか):37回流行。1862年江戸時代の大流行では江戸だけで24万人と3割以上の人が死亡したというから、現代の新型コロナの比ではないレベルだ。
  • 赤痢:19回流行。他の感染症も同じだが、奈良・平安の時代は、加持祈祷が唯一の対策であった時代である。
  • コレラ:6回の世界的流行があったが、日本は鎖国等により感染を免れた時もあった。
  • 結核:枕草子、源氏物語、女重宝記、不如帰、女工哀史等多くの文学作品に結核を題材にした記述がある。それほど結核と文学は関係が深かった。
  • 風邪・感冒(インフルエンザ):48回流行。感冒は流行すると、江戸時代以降「お駒風邪」「ねんころ風」「スペイン風邪」等名前を付けて呼ばれることが多い。
  • その他:ペストは世界的に流行したが、日本では真剣に取り組み早期に終息した。今回のコロナを教訓にして十分な対策を講じておくことが肝要である。

 

 

 

レジメ