マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 

第186回講演会

 

一シニアの悩み その2

 

    • 日時 2022年4月16日(土) 14:00~17:00
    • 場所 藤沢市市民活動推進センター
    • 講師 橋本 壽之

 

講師による「一シニアの悩み」と題された前々回の講演会では、定年後に何をしたらよいかについて語られた。今回はその続きとして、定年後の生活、特に地元との関りに関して発表された。「一シニアの悩み」と題されながらも、講師の地域に根差した充実した生活を知ることが出来る講演であった。

  • 地元とのつきあい
      地元神社の信徒総代、自治会役員、教育委員会・文書館の委員等を勤める。

  • 医療・介護
     定年直後は都内の大学病院での診療を受けるが、遠方であることにより、後に地元で専門病院、かかりつけ医を探すことになる。介護は地元に根付いた介護体制の恩恵を受けるが、体制外への接触は難しさがあり、知人等の人脈に依存する。

  • 人々との交流
     職場の仲間や同級生等過去の人脈には次第に疎遠となり、ネットでのつながりも希少となる。他方マイスターネット等目的を持った新しい活動が増し、町主催の行事への参加、勉強会、ボランティア活動、公民館・地域集会場等、地元の交流が増加する。

  • 超民主主義(ジャック・アタリ)
     組織への滅私奉公から、個人の「心地よい時間」を獲得することへの変遷。潜在した自らの才能を開花させ、自由に若々しく生きる。他者が健康や教育に恵まれ幸せになることにより、自らも幸せになる(愛他主義)。

  •  地元力の向上
     地元力は地域の教育・医療・介護・文化・産業の質に対する住民の意識が重要。やるのは誰か?国や行政(アウトサイド・イン)か?自分達が動き社会を変化に導く(インサイド・アウト)も重要である。

  • 地元力の向上に我々が出来ることは何か?
     ネルソン・マンデラの「教育は世界を変える最も強力な武器」という言葉がある。子供の教育:自ら考え、発表する力を育成する。子供を介した親世代の意識向上を図る。その方法として懸賞作文募集とSDGs教育の一環としてペレットストーブの学校への設置が提案された。

 

レジメ

 

 

 

 

 

 

News Letter

2021年の講演会テーマ

  • 今年、私たちのマイスターネットは創立15周年を迎えました。
     
  • 今までの講演では、各人の専門知識・技能を生かした発表をすることにより、社会への貢献を目指してきました。
  • そして今年、コロナウィルスが流行しても、1回の休会だけで、講演活動を続けてきました。
  • しかし、今回のコロナウィルス流行が、私たちの生活や社会に大きな影響・変化を起こそうとしているのではないかと感じるようになりました。
     
  • そこで、来年1月からは、「新型コロナを考える」をテーマにして、新型コロナが与えた影響、社会がどう変わったか、そして私たちはどのように対応していくべきかを考える講演会にして行こうと考えています。
  • 私たちの知識・経験を生かして、一歩進んで、新型コロナへの対応を機に、その解決を図り、よりよい社会を築く方策を考えていく講演会にして行きたいと考えています。
  • 皆様の今まで以上のご支援をよろしくお願いします。
     

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...