マイスターネット

「眠れる知財」を掘り起こすNPO法人

 

 第22回講演会


開催: 2007年12月15日 15:00~18:00
講師: 山本 利昭



第1部 日本語って難しい?

日本語は難しい、とは先入観ではなかろうか。
講師は、インドネシアから総勢8名の若手IT技術者を日本に連れてきて、短期間のうちに立派に日本語で仕事をできるまでに立ち上げてきた実績から、疑問を投げかける。
問題は、日本語の教育方法のあり方ではないか。

実用化を最優先にした語学習得法があるはずだ(詳細は、レジメ参照)

    • 敢えて難しい文法は覚えない

 

    • 漢字語彙は、集中的に学習すると、日本語理解の早道

 

    • 技術者に役立つのは、文書理解力が第一で、会話力は二の次

 

    • 漢字の筆順を知らなくても、PCからローマ字入力できれば、文書は書ける

 

    • 漢字だけでも、意味はおおよそ理解可能

 

    • 習得事項は、標準化して割り切る(Simpleseのすすめ)

 

    • 英語をカタカナにして、助詞をつければ、結構日本語になる



第2部 インドネシア技術者歓迎会

総勢8名の若手IT技術者(内6名は12月9日に訪日したばかり。女性2名を含む)の歓迎会をマイスターネット会員で行った。また、この日は特別に、インドネシアでのODAに30年携わって来られた大纏氏が、ビジターとして参加されて乾杯の音頭を取り、会を盛り上げられた。

乾杯は、奈良の会員から差し入れられた高級シャンパンで。ただしそれは日本人達だけ、主賓のインドネシア技術者達は、イスラムの教えを守りノンアルコールで、行った。
料理は女性会員達の心のこもった手作り、焼き鳥は1年前に来日したデディ君がイスラムの教えに従った特別の鶏肉にインドネシアのスパイスで味付けして作った特別製であった。

和やかな歓談後、インドネシア技術者達は、はにかみながらもインドネシアの歌を数曲披露して、会を締めくくった。 2名は既に昨年から1年間の就労経験を積み、大いに活躍している。皆で、新たに来日された6名の健闘を祈り、会場を後にして、師走の町へと家路を急いだ。

 


講演会レジメ

    レジメ

インドネシアからの女性も加わり、話がはずみます そして、歌も歌ってくれました 最後に参加者全員でパチリ

 

News Letter

2021年の講演会テーマ

  • 今年、私たちのマイスターネットは創立15周年を迎えました。
     
  • 今までの講演では、各人の専門知識・技能を生かした発表をすることにより、社会への貢献を目指してきました。
  • そして今年、コロナウィルスが流行しても、1回の休会だけで、講演活動を続けてきました。
  • しかし、今回のコロナウィルス流行が、私たちの生活や社会に大きな影響・変化を起こそうとしているのではないかと感じるようになりました。
     
  • そこで、来年1月からは、「新型コロナを考える」をテーマにして、新型コロナが与えた影響、社会がどう変わったか、そして私たちはどのように対応していくべきかを考える講演会にして行こうと考えています。
  • 私たちの知識・経験を生かして、一歩進んで、新型コロナへの対応を機に、その解決を図り、よりよい社会を築く方策を考えていく講演会にして行きたいと考えています。
  • 皆様の今まで以上のご支援をよろしくお願いします。
     

文教大学講演会

NPOマイスターネットでは、大学とのコラボを目指していますが、過日、文教大学からリーダーシップに関する講演依頼がありましたので、下記の通り、同大学の情報学部の大学生を相手に講演しました。

 

テーマ:ソーシャル・マーケティング、大学から社会へ
~問われるリーダーシップとは~

日時:平成24年12月10日(月)13:20-14:50

場所:文教大学湘南校舎(茅ヶ崎)

レジメ:こちらです

 

講演後、何人かの学生から活発な質問があり、学生の関心の高さを実感しました。

今後も、このような大学とのコラボの機会を設けていきたいと思います。

講演会「リーダーシップ入門」

本NPO理事長の橋本氏が精力的に講演会を行っている。

去る11月18日にイーテクノ株式会社で企業向けリーダーシップ講演会を行い、コミュニケーションの重要性とリーダーシップのあり方について説いた。

講演内容はこちらです。

news_111118

 

インドネシアから  頑張れえええええ 日本!

アイコア社の日本語指導をした時のフェルディカさんから東日本大震災の復興激励のメールが、3月末に届きました。

私はインドネシア語の勉強をお休みしていますが、「楽しいインドネシア語」の講座の皆さんに資料としてお渡しました。そしたら石橋さんが訳をしてくれたので、一緒にご紹介します。

インドネシア人の優しさ、彼の真摯な気持ちが伝わってきますね。                         (赤井記) 

Read more ...