MIME-Version: 1.0 Content-Type: multipart/related; boundary="----=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0" このドキュメントは単一ファイル Web ページ (Web アーカイブ ファイル) です。お使いのブラウザ、またはエディタは Web アーカイブ ファイルをサポートしていません。Microsoft Internet Explorer など、Web アーカイブをサポートするブラウザをダウンロードしてください。 ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.htm Content-Transfer-Encoding: quoted-printable Content-Type: text/html; charset="us-ascii" シェイクスピア「 = 522;ア王」に見る、老い= ;について

 

 

 

 

 

 

 

 

  = ;

  =          = 2288;  &nb= sp;            =

The tragedy of

        =         King Lear

 

 

 

 

 

シェイクスピア「リ&#= 12450;王」に見る、老い{= 95;ついて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2006930

 

永田 典子

 

 

 

 

1. あらすじ

登場人物=

     = ;     オールバ&#= 12491;公爵

     = ;     長女 ゴ&#= 12493;リル

     = ;     コーンウ&#= 12457;ール公爵    z= 88;         =  

リア王  = ;    次女 リー&#= 12460;ン

     = ;     フランス&#= 29579;

     = ;     末娘 コ&#= 12540;ディリア

     = ;       エド&#= 12460;―

グロスター= ;伯爵

     = ;       エド&#= 12514;ンド

ケント

オズワルド= ;

バーガンデ= ;ィ公爵

道化

カラン

老人、隊長= ;、召使、騎士たち、&#= 24067;告使

【第1幕】<= /span>

老いたブリテン王 = 522;アは、王国を三人の= ;娘達に分割して、統&#= 27835;権、領土の所有権z= 89;政務の諸配慮全てを= 、譲り渡そうとした= 2290;長女ゴネリルと次ࣱ= 9;のリーガンは、おべ&= #12387;かを言い、リアを= 288;足させたが、三女の= ;コーディリアは①何= も言おうとしないの= ;で勘当される。 

リアの忠臣ケント = 399;、王国はそのまま手= ;元に置くよう、リア&#= 12395;忠告するが、逆に}= 22;アの怒りを買い追放= されてしまう。

コーディリアの2人の求婚者&= #12398;内、バーガンディA= 288;Bourgogne)は、遺産を引き = 153;がないのでは結婚で= ;きないと拒否。フラ&#= 12531;ス王は、コーディ}= 22;アを理解し、王妃に= する。

庶子のエドモンド = 399;、嫡男のエドガ―を= 陥れようと、策略を= 4033;らして、父親グロӟ= 3;ターを騙そうとする&= #12290;その策略にグロス = 479;ーは、まんまと引っ= ;かかる。

もともと、リアの= 990;話を余りするつもり= ;のなかったゴネリル&#= 12392;リーガンだが、最Ò= 21;に滞在していたゴネ= リルのもとでのリア= 2398;昔と変らぬ態度にӞ= 8;ネリルは怒り、執事&= #12398;オズワルドに他の= 484;使達ともどもリアに= ;冷たくするよう命じ&#= 12427;。妹のリーガンに|= 18;同じ様なやり方をす= るよう手紙を出そう= 2392;する。

 追放の身&= #12398;ケントは、変装を = 375;、声色も変えてリア= ;を守ろうとする。

 リアの家&= #26469;達も、ゴネリルに= 197;前のような礼儀や愛= ;情に欠けると感じる&#= 12290;

 とさか帽&= #12434;持って、道化登場 = 290;ゴネリルのしかめっ= ;面に気づくリアに、&#= 26132;は

リアも立派&= #12384;った、娘の顔色な = 393;気にしなかったと言= ;う。ゴネリルはリア&#= 12395;不満の数々を並びĺ= 35;てる。リアは、②ӎ= 0;これは自分の娘では&= #12394;い」、「これはリ = 450;ではない」と言って= ;、嘆く。「わしはだ&#= 12428;だ」と言うリアにz= 89;道化は「リアの影法= 師」と言う。

ゴネリルのところ = 395;来て、半月もたたな= ;いのにお供の者たち&#= 12434;半分に減らされ、õ= 94;ったリアは、リーガ= ンのところに行こう= 2392;する。ゴネリルは࣋= 9;事のオズワルドに手&= #32025;を持ってリーガン = 398;ところに行かせる。= ;リアもケントにリー&#= 12460;ン宛の手紙を持っ{= 90;グロスターに行くよ= うに命じる。“リア = 399;、③「歳を取って{= 99;いけなかった、賢く= ならないうちから」= ;”と、道化の台詞。

 <= /o:p>

 <= /o:p>

【第2幕】<= /span>

エドモンドは、父#= 242;のグロスター伯の生= ;命を嫡男エドガ―が= 2289;狙おうとしているӗ= 8;を守ろうとしたと見&= #12379;かける為、自ら腕 = 434;傷つける。グロスタ= ;ーは、その姦計にす&#= 12387;かりはまる。 ゴ|= 93;リルからの手紙で、= 家にいない方が良い= 2392;知らされ、グロスӟ= 9;ーの所に丁度訪ねて&= #12365;たコーンウォール = 392;リーガンは、そのこ= ;とを聞きつけ、エド&#= 12514;ンドを召抱えるとš= 28;う。

オズワルドとケン = 488;が、共に手紙を持っ= ;てきたところを鉢合&#= 12431;せ、争いとなる。|= 67;ーンウォールの怒り= を買い、ケントは

足枷台にかけられ = 427;。

何とか逃げ出した = 456;ドガ―は、エドモン= ドの罠に嵌ったこと= 2434;知り、乞食同然のࣿ= 9;になっても生き延び&= #12424;うとする。

リアが、足枷台に = 363;けられたケントに会= ;う。コーンウォール&#= 12392;リーガンの冷たいÉ= 81;打ちを知り、④道ࡏ= 0;が歌う

そして二人はリア = 395;会うのを拒否。⑤}= 22;アの絶望。

ようやく姿を見せ = 383;リーガンは、リアに= ;姉のゴネリルの所へ&#= 24112;るように言う。ゴ|= 93;リルもその場所に登= 場。リーガンは、

「ここで世話にな = 426;たいのなら、供の者= ;を25人に減らせ&= #12289;実際は1人も必要な&= #12356;が」と、言う。リ = 450;の怒りは極致に。=

結局二人の下を去 = 427;ことになり、嵐の中= ;、リアの放浪の旅が&#= 22987;まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【第3幕】<= /span>

  心に傷&= #12434;負った狂気じみた = 522;ア。

  オール&= #12496;ニ、コーンウォー = 523;両伯爵の間に不和が= ;生じ、フランス王が&#= 12289;内偵している。

  リア王&= #12395;味方しようとした = 464;ロスターは、屋敷を= ;取り上げられる。フ&#= 12521;ンス王から密書をÖ= 63;け取ったことをエド= モンドに

話してしま&= #12358;。

  ⑥リア= ;とケントは、哀れな&#= 12488;ムになり下がった|= 56;ドガ―に会う。そ{= 71;に父親のグロスター= が来て、リアを守ろ= 2358;とするが、

息子のエド&= #12460;―には、気づかな{= 56;様子。

  庶子の&= #12456;ドモンドは、父親 = 398;グロスターがフラン= ;ス側に内通していた&#= 12392;コーンウォールにê= 94;告して、父親を謀反= 人に

仕立てる。<= /span>

 リアの命&= #12364;ねらわれている事 = 434;耳にしたグロスター= ;は、駕籠を用意して&#= 12289;ドーヴァーへリア|= 34;連れて行かせる。<= span lang=3DEN-US style=3D'font-family:Arial;mso-fareast-font-family:HGPGothicE'= >

 謀反人と&= #12373;れたグロスターは = 289;コーンウォールに目= ;を抉り取られる。

 

 

【第4幕】<= /span>

  目をな&= #12367;したグロスターは = 289;息子のエドガ―にド= ーヴァーまで道案内= 2434;するように頼む。

  ゴネリ&= #12523;とエドモンドは恋= 210;に、他方ゴネリルと= ;オールバ公爵の夫婦&#= 20210;は、冷え切ってい|= 27;。

 コーンウ&= #12457;ール公は、グロス = 479;ーの目を抉り取ろう= ;とした時に、召使に&#= 20129;き者にされる。

 フランス&= #29579;は、狂気のリアに= 550;するコーディーリア= ;の嘆きを哀れみ、挙&#= 20853;。

 オズワル&= #12489;は、ゴネリルから = 456;ドモンドへの手紙を= ;託されてリーガンの&#= 12418;とを訪ねるが、そ{= 71;にエドモンドはいな= い。

リーガンは&= #12289;ゴネリルを怪しむ = 290;コーンウォールを亡= ;くしたリーガンはエ&#= 12489;モンドと恋仲に。

 父親のグ&= #12525;スターに、ドーヴ = 449;ーの崖まで連れて行= ;くよう頼まれたエド&#= 12460;―は、実際にそこӗ= 5;連れて来たことにし&= #12390;、崖

から飛び降&= #12426;たと思わせる。そ = 371;にリアがやってくる= ;。グロスターは、声&#= 12434;聞いてリアだとわ{= 63;る。⑦リアもグロӟ= 3;ターだと

分かる。二度と再&= #12403;自ら命を絶とうと = 377;ることのないように= ;祈るグロスターに、&#= 9319;エドガ―は、優し = 367;語りかける

⑨コーディ&#= 8213;リアとリアの再会<= /span>

 

 

【第5幕】<= /span>

  リーガ&= #12531;は、エドモンドが = 468;ネリルと恋仲なので= ;はと疑心暗鬼、直接&#= 21839;いただす。

  エドガ&= #8213;が、オールバニにû= 63;紙を渡す。

  リアの&= #20596;が負けて、コーデ = 451;―リアともども捕虜= になる。

  エドモ&= #12531;ドを認めないオー = 523;バニ。エドモンドを= ;コーンウォール伯に&#= 12377;るとリーガン。そ|= 28;はならぬとオールバ= ニ。 妻のゴネリル= 2392;の仲を承知のオーӤ= 3;バニ。ゴネリルに毒&= #34220;を盛られたリーガ = 531;は、苦しむ。エドガ= ;―武装して登場し、= 2456;ドモンドと決闘。ӝ= 6;ドモンド倒れる。リ&= #12540;ガンに毒をもった = 468;ネリルは自害。リア= ;とコーディ―リアを= 0129;き者にするようエӠ= 9;モンドから指示書が&= #20986;ていた。コーディR= 13;リアの亡骸を抱いて= リア登場。⑩その死&= #12434;嘆き、リアも息絶 = 360;る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 名台= 5422;

 

Gloucester= .

     Thou must be pat= ient. We came crying hither.

     Thou knowest the first time that we smell the air

     We wawl and cry. I will preach to thee, mark.

 =   Gloucester<= /st1:City>: Alack, alack the day!

 =   Lear: When we are born, we cry that we are come

     To this great= stage of fools.

         =             &nb= sp;            =             &nb= sp;        ――̵= 3;第4幕第6場    ll.168-174<= /span>

 リア: …̷= 0;

        おまえ&= #12398;ことはよく知って = 362;る、グロスターだろ= ;う。

        忍耐せね&= #12400;ならぬぞ。人間泣 = 365;ながらこの世に

        やってく&= #12427;、そうだろう、初 = 417;て息を吸い込む時、= ;

        おぎゃあお&= #12366;ゃあと泣くだろう = 290;お前に一つ

        説教して&= #12420;ろう。

    グロスターA= 306; ああ、なんとおい= ;たわしい!

 リア: 人間、= 983;まれてくる時泣くの= ;はな、この

     &= #12288; 阿呆どもの舞台 = 395;引き出されたのが悲= ;しいからだ。

 

  Edgar:        =             &nb= sp;    Well pray you, father.

    = Gloucester: Now, good sir, what are you= ?

    Edgar: A most poor = man, made tame to fortune’s blows,

      Who, by= the art of known and feeling sorrows,

      Am preg= nant to good pity.

Give me your hand,

I’ll lead you to some biding.

     &= #12288;         =             &nb= sp;            =             ――̵= 3;第4幕第6場   ll.210-214=

エドガ-:    = 288; いいお祈りでした= ;よ、おやじさん。

グロスター: そ = 358;言って下さるあなた= ;はどなたかな?

エドガ-: なあ = 395;、しがない男で。=

         =    運命= 2398;やつにさんざん

         =    痛め= 2388;けられ、悲しい思ӓ= 6;はなめつくしている&= #12398;で、

        =     思い= 2420;りだけはもっていә= 4;す。手をお貸しなさ&= #12356;、

どこか隠れ家に案= 869;しましょう。

 <= /o:p>

⑨  Cordelia:        =             &nb= sp;  Sir, do you know me?

Lear: You are a spirit, I know. Where did you die?

 =         = ;         &#= 12288; ……

Lear:        =             &nb= sp;      Pray, do not mock me.

     I am a very foolish fond old man.

     Fourscore and upward, not an hour more nor less.

And, to deal plainly,

I fear I am not in my perfect mind.

        =             &nb= sp;    ……

        =             &nb= sp;            =    Do not laugh at me,

For, as I am a man, I think this lady

To be my child Cordelia.=

Cordelia:        =             &nb= sp;   And so I am, I am.

        =             &nb= sp;    ……

Cordelia: Will’t please your highness= walk?

Lear: You must bear with me. Pray you now,

      Forget = and forgive; I am old and foolish.

           =             &nb= sp;            =             &nb= sp;     ――̵= 3;第4幕第7場  ll.45-46,  ll.57-60, ll.65-68, ll.80-82<= /o:p>

コーディーリア: = 288;         = ;  わたしがおわか&#= 12426;?

リア: あなたは&= 666;だ、そうだとも。ど= ;こで亡くなられた?

          =             &nb= sp;   ……

リア:      = 288;             どう&= #12363;なぶらんで下さら = 435;か。

わしはまことに愚 = 363;な耄碌じじいで、=

齢も八十の坂を越 = 360;た、一時間たりとも= ;それに違わぬ、

その上にな、実を#= 328;うとどうやらまとも= ;ではないらしい。

         =             &nb= sp;   ……

     &= #12288;         = 288;         = ;だからどうか笑わん&#= 12391;おくれ、

わしはこの女性が = 393;うしても娘のコーデ= ;ィーリアのように

思えてならぬのだ = 364;。

コーディーリア: = 288;            そうです、&= #12431;たくし、わたくし = 391;す。

…̷= 0;

コーディーリア: = 288;陛下、お歩きになり= ;ますか?

リア: わしのこ = 392;はこらえておくれ、= ;どうか忘れて

許してほしい、わ = 375;は愚かな老人なのだ= ;よ。

 

  Lear: ……

        =             &nb= sp;     Thou’lt come no more,

Never, never, never, never, never.

Pray you, undo this button. Thank you, sir.

Do you see this? Look on her, look, her lips,=

Look there, look there.

           =             &nb= sp;            =              =      ―――第5= 149;第3  ll.304-308

リア:      = 288;         = ;  もうもどってこ&#= 12394;いのか、

二度と、二度と、= 108;度と、二度と、二度= ;と!

        頼む、この&= #12508;タンをはずしてく = 428;。ありがとう。

        これが見え&= #12427;か?見ろ、この顔 = 434;、この唇を、

見ろ、これを見ろA= 281;

 

3. まと= 2417;

 

(1) 老いの知&= #24693;とは?  人間と&= #12399;?

 

      リアの影法&= #24107;というのは、表裏A= 298;様の解釈ができる。= ; 

    a) リアが王冠&= #12434;かぶっていればリ = 450;だが、娘達に王冠を= ;譲ってしまった今、

実体= 2434;失った影法師にすӔ= 6;ない。

      b) = 影法師は王&= #20896;をかぶっていた時 = 398;リアで、ただの老人= ;になってしまった

     &= #12288;今のリアこそが実= 307;だ。

      これまで物&= #20107;が、よく見えてな = 363;ったリア。この時点= ;でもまだよく見えて&#= 12356;ない。

様々= 2394;人生経験を通してএ= 1;られる判断力が備わ&= #12387;ていない。(?)

 

      = 国王の肩書&= #12365;をなくし、娘達か = 425;も追放されて、よう= ;やく少し自分が見え&#= 12390;きた。

      = 年老いて苦&= #38627;を経験したから、 = 371;のように言い放つの= ;か。

⑨ ⑩  = 5211;えなかったものがӌ= 9;ようやく見えてきた&= #12522;ア。 しかし悲惨 = 394;結末。

 

(2) 親子の断&= #32118;

①  「何&#= 12418;ないところから何|= 18;出てこない」、と言= っていたリアが、結= 3616;何も無くなってしә= 4;う。

      争いの元に&= #12394;る美田は、子孫に= 531;さない方が賢明か。= ;

      当時は、子&= #12399;親の所有物という = 771;え方が一般的。しか= ;しリアの2人の娘は&#= 12289;親に逆らう。

⑧ 「リア&#= 29579;」には、リアとグ}= 25;スターの2組の親子= が登場する。

   グロ&= #12473;ターの嫡男のエド = 460;-が、苦難を経て、= ;真実を見抜き親を労&#= 12431;る。

 

 

 

 

------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image001.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhAgAMAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAAAAQAB AAoAgAAAAAAAAAIDjI8FADs= ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image002.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhGwACAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAAAAAAa AAEAgAAAAAAAAAIEjI+pWQA7 ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image003.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhAgBiAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAAAAAAB AGEAgAAAAAAAAAIIjI+py+0PoyoAOy== ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image004.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhAgALAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAAAAAAB AAoAgAAAAAAAAAIDjI8FADs= ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image005.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhJgACAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAEAAAAk AAEAgAAAAAAAAAIFjI+pywUAOw== ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image006.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhAgAKAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAAAAAAB AAkAgAAAAAAAAAIDjH8FADs= ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image007.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhHgACAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAAAAAAd AAEAgAAAAAAAAAIFjI+pGwUAOw== ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image008.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhAgAyAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAAAAQAB ADAAgAAAAAAAAAIGjI+py30FADs= ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image009.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhDAACAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAAAAQAL AAEAgAAAAAAAAAIDjI9RADt= ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image010.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhCQACAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAAAAQAI AAEAgAAAAAAAAAIDjG8FADs= ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/image011.gif Content-Transfer-Encoding: base64 Content-Type: image/gif R0lGODlhDQACAHcAMSH+GlNvZnR3YXJlOiBNaWNyb3NvZnQgT2ZmaWNlACH5BAEAAAAALAEAAQAL AAEAgAAAAAAAAAIDjI9RADt= ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0 Content-Location: file:///C:/094BA374/ShakespeareKingLearText.files/filelist.xml Content-Transfer-Encoding: quoted-printable Content-Type: text/xml; charset="utf-8" ------=_NextPart_01C6FFFF.1BCAD9A0--